ソーシャルタイムス:参院選 2013

 

2013年7月の参議院選から適用されるネット選挙活動解禁にむけて、
ソーシャル政治新聞「ソーシャルタイムス)」新機能を2013年7月1日にリリース
http://social-times.jp

 

基本機能のブラッシュアップ

5/17〜6/13の期間で実施した東京都議選でのテスト運営をふまえて、デザイン面の変更も含めて基本機能のブラッシュアップを実施致しました。

 

1.政党別、選挙区別、人気トピック別での絞り込み検索が容易になりました。

2.政治家ごとに個人のまとめページを用意ししました。

3.投稿キーワードを分析したレーダーチャート表示しています。

投稿記事の反響度合い(Twitterであれば「リツィート数」、Facebookであれば「いいね数」などをベースに独自アルゴリズムでスコア化)を実施し、議員としてのソーシャル活用度もスコア化しました。そのスコアをもとに同政党ごと、同選挙区ごとのランキングも表示しています。


新機能1:コメント表示機能(フキダシ機能)
政治家の発言のうえでマウスオーバーすると、その発言に対する有権者のコメントを、フギダシ表示(非表示ボタンも設置)することにより、政治家の発言に対する有権者の反応を視覚的に把握しやすくしました。

 

コメントを詳しく閲覧したい場合には、コメント欄をクリックすると詳細画面が表示され、TwitterやFacebookで投稿されたコメントを自動連携して表示します。
ソーシャルメディア上での投稿コメントを一元管理できるので、誹謗中傷コメントの監視などにも役立てることができます。

このフキダシ機能は、スマホ表示にも対応しており、コメント投稿がある記事の上で、指で長押しをすると、コメントがフキダシ表示されるようになります。このように視覚的に分かりやすい仕掛けを導入することで、若年層により政治を身近に感じてもらうことを目指しております。

 

新機能2:分析画面(今後、希望政治家に有料で提供予定)

ソーシャルタイムスで掲載している全政治家の投稿記事から、投稿回数の多かった頻出キーワードを自動で抽出し、その政党内訳や反響指数の平均点も閲覧できる機能を追加しました。この機能により、各政治家は、話題のキーワードと有権者の関心度を把握しやすくなるので、選挙期間中の演説内容やインターネットでの発言内容に反映しやすくなります。

過去1日/1週間/1ヶ月ごとの「頻出キーワード、出現回数、投稿記事数、反響指数の平均点」

頻出キーワードの「政党内訳と反響指数の平均点」、「各政党の政治家内訳と反響指数の平均点」

この機能は、今後、希望する政治家に有料で提供する予定ですが、まずは1ヶ月無料で試せるトライアルキャンペーンなども実施する予定です。

 

今後の展開:2013年7月21日に投開票予定の参議院選終了後

現職の衆議院議員と参議院議員に、このたび当選された参議院議員を加えた全国会議員の情報と、橋本大阪市長のような国会議員ではないが影響力の高い政治家の発言を加えたバージョンをリリースする予定です。

また、地方議員にも順次対応していく予定で、各地方選挙が実施されるごとに選挙ページを作成することを検討しています。

 

■メデイア掲載

テレビ東京取材:週刊ニュース新書:7月20日放送
NAVER まとめ 2013参院選・ネット選挙総まとめ 

朝日新聞デジタル
毎日新聞にデータを提供
東京新聞
ネット政治新聞“創刊” 候補者発言を有権者に – MSN産経ニュース
政治家のネット上での発言を、効率よく有権者に届けるまとめメディア – ValuePress!
ソーシャル政治新聞「Social Times」β版リリース – プレスリリース ゼロ
ネット政治新聞“創刊” 候補者発言を有権者に- goo ニュース
ネット政治新聞“創刊” 候補者発言を有権者に- Yahoo!ニュース

 

担当:海野(うみの)umino@appliya-inc.com
Tel:03-4360-5732

ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

■お問い合わせフォーム

http://appliya-inc.com/contact/

2013年7月の参議院選から適用されるネット選挙活動解禁にむけて

6月23日に投開票予定の東京都議選におけるβ版を5/22リリース!

http://social-times.jp 

[サービス概要]

7月の参院選から、政治家によるネット上での政治活動が可能となり、多くの政治家が、TwitterやFacebook、自分の公式ホームページやblogなどを駆使して、自分の主義主張を広く有権者にアピールすることが予想されます。

有権者が全ての政治家のネット発言を個別にフォローし閲覧するのは至難の業です。
そこで、ソーシャル政治新聞Social Timesでは、政治家のネット上での発言を、自動で各政治課題のジャンルごとに整理し、政治キーワド別、政党別、地域別などで絞込みも可能にすることで、効率よく政治家のネット発言を閲覧できるように致しました。

残念ながら、今回の都議選では、選挙期間中におけるネット上での政治活動は制限されますが、7月の参院選の前哨戦とも評されているこの都議選においても、公示日前までのネット選挙活動に多くの注目を集めております。

 

都議員選候補者全員分の個人ページを用意しました! 

[特徴1]候補者のネット上での発言を効率的にまとめたメディア

都議選候補者全員分の個人ページを用意致しました。

[特徴2]記事の掲載順位はソーシャルメディア上の影響力で決まります

候補者がTwitterやFacebookで投稿された記事が自動で反映されます。

[特徴3]候補者の影響力を数値化しました。

候補者のソーシャルメディアの影響力を独自のアルゴリズムでスコア化しました。

[リリース情報]

5/22に、都議選に特化したサイトをβ版リリース致します。

5/22に、選挙区や議員スコアや記事スコアによる投稿記事の絞込み機能を追加予定です。

 

[今後の展開]

2013年6月23日に投開票予定の東京都議選において、テスト運営をおこない、そこで出た問題点を精査・修正した上で、来る7月の参議院選前に議員個人ページの強化した機能を提供した正式版をリリース予定です。

成り済まし対策のため個人認証のとれた議員に限り、有権者からの書き込みコメントに対して、直接コメント返信を可能とする機能や、自分の記事に対する分析数値(アクセス数、流入キーワード等)を閲覧する機能を提供する予定です。

ネットを活用していない政治家であっても、ネット上での政治活動の推移を把握できるマーケティングデータの提供も開始する予定です。

■メデイア掲載
ネット政治新聞“創刊” 候補者発言を有権者に – MSN産経ニュース
政治家のネット上での発言を、効率よく有権者に届けるまとめメディア – ValuePress!
ソーシャル政治新聞「Social Times」β版リリース – プレスリリース ゼロ
ネット政治新聞“創刊” 候補者発言を有権者に- goo ニュース
ネット政治新聞“創刊” 候補者発言を有権者に- Yahoo!ニュース

 

担当:海野(うみの)umino@appliya-inc.com

ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

http://appliya-inc.com/contact/