ブランドがリアルタイム性を持つ

ブランドがリアルタイム性を持つ
ブランドは、機敏なマーケティングとリアルタイムシンキングに移行すべきである。
開発からロンチキャンペーンまでに6ヶ月かけたり、不満を訴える顧客への対応に5日間かかるような時代は終わった。
ブランドは日和見のマーケティングとリアルタイムでの反応の術をマスターする必要がある。
オンラインでのノイズに惑わされないよう、彼らは最近のバズやトレンドの利用において創造的思考を働かせなければならない。
そのためには、ブランドが、直感的に即時にマーケティング機会を選ぶことを可能にする、正しいインフラと機敏なプロセスを持つことが必要である。彼らは、リアルタイムでも同様にそれらを適応させ、反応させ、支援することができる機関を必要としている。