マス向けの高度な分析が出てくる

マス向けの高度な分析が出てくる
ソーシャルメディア分析と呼ばれるものは、実際はソーシャルメディア測定でしかなく、大量の過去データの視覚化にすぎない。
大企業や有名ブランドでは、既に高度な分析が用いられている。データ分析者や科学者、統計学社、コンピュータサイエンスといったものが主にそれを行っている。
2012年には、ソーシャルメディア分析の企業が、簡易化したSaaS(software as a service)のツールをリリースし、中小企業やブランドにも使いやすい高度な分析機能を提供するだろう。それはそのビジネスに関して「なにが」生じたかだけでなく、「なぜ」生じたのか、を教え、未来を予測するだろう。