なんでもやるサービスが可能に

「なんでもやる」サービスが入手可能になる
ソーシャルメディアのツールやサービスが出たり消えたりしながら、それらは私たちの時間やデータを求めて争い続けるだろう。FacebookやTwitter、Googleといった巨大ソーシャルメディアが生き残るだろうが、どれも簡単には成功し続けられないだろう。
デザイン変更や新機能、買収、仕様変更によって、私たちはそれらの利用時間を増加させ続けている。こうした大きな企業は私たちの注目のうちの大きなシェアを獲得しようと競っている。
Googleは私たちのEメール、文書や予定、Facebookは私たちの写真、動画や家族、そしてTwitterは私たちに訴求する最も魅力的な広告プラットフォームを保有していて更なる獲得や再編成を通じて、より少ないアプリがソーシャルメディアのなかで生き残っていくだろうと考えている。