YouTubeがソーシャルの焦点

youtube_logw_logo

YouTubeはソーシャルの経験を提供する
YouTubeは最終的に主要なソーシャルネットワークとして認識され利用される。
Googleはソーシャルに焦点をあて、YouTubeとGoogle+の統合を求めている。GoogleはYouTubeの受動的な経験からくる消費活動をソーシャルの経験に変え、ソーシャルとして利用するようにしたがっている。
昨今の追加機能(Google+でのYouTube視聴など)は、Googleに移行できるものは全て移行させようという姿勢が見られる。関心を持つユーザーは、自分自身のYouTubeネットワークに焦点をあてることで応じるだろう。動画の生産はコンテンツのキュレーションやアグリゲーションがYouTubeの利用においてメインである限り、重要ではない。